« 旭山動物園 | Main | 蛍 »

May 11, 2006

ゆっくり長く泳ぎたい

前からゆっくり長く泳ぎたいと思っていたが
NHK教育テレビでらくらくスイミングをやっている。
初心者にはなかなかよいかもしれない。

さて、同名の本を以前読んだことがあったが、
5月連休に書店でスポーツコーナを覗いたらなんと
第4弾が出ていた。

ゆっくり長く泳ぎたい! 
背泳ぎ&バタフライ編
―ゼロからの快適スイミング
学習研究社 (2005-11-21出版)

ちょうど、取り組んでいるバタフライについて載っていた。
タイムリーであった。
買うのはちょっと待って図書館にて借りて読んでいる。
気持ち的には1500mバタフライができそうな気になっている。

もともと数年前からバタプライで長く泳ぎたいとの願望が
あったが、無理せずにいつかできたらよいかなあと考えて
いたのであるが、
雑誌SWIMno.15の楽に長く泳ぎたいで
バタフライを10km泳いだことの紹介があったので
すごいなあ、と関心したことで俄然やる気が出たのでした。
私も10kmはむりでも1500mは泳いやるぞ
と思い直したきっかけで、今年はバタフライの練習を
がんばる気になってきた。
なんとか休んでなら800mは泳げそうに思えてきたので
今年中にぜひとも1500m連続を達成したい。


以下は紀伊国屋書店のHPでの本書紹介の写しです。

スピードを競うだけが水泳ではない。
ゆっくり長く泳ぐ技術こそが本来あるべきだ。
水の中で、実はからだはとても不安定になっている。
その中で、水に抱かれていると感じ、浮力を感じ、からだを水に
あずけるように泳ぐ。すると、本当にリラックスした感覚につつまれる。
水とは格闘しない。
そんな新しい発想から、背泳ぎとバタフライの泳ぎ方を紹介したい。

1 背泳ぎ
(リラックスできる9つの知識編 ―背泳ぎは一番カンタン。何より優雅;
ムダな動きをなくす10の実技編 ―動きをシンプルにしたから、楽に泳げた;
即取り組める6つのトレーニング編―ゆっくり優雅に背泳ぎ)

2 バタフライ
(目からウロコの6つの知識編  ―平泳ぎができれば、誰でもバタフライはできる;
誰でもできる!11の実技編   ―これならカンタン。飛ばない、潜らない
                 「イージーバタフライ」;
即取り組める9つのトレーニング編―「イージーバタフライ」でゆっくり泳ごう)

好評快走中の水泳ゆっくりシリーズの第4弾。
背泳ぎのポイントは、優雅な動きと体を伸ばしてキャッチ、
キックはバタなしキック。
バタフライはだれでも楽に25mを泳ぐことを目指して、
徹底して体力温存とストリームラインの維持に着目した泳ぎ。

|

« 旭山動物園 | Main | 蛍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90563/10025890

Listed below are links to weblogs that reference ゆっくり長く泳ぎたい:

« 旭山動物園 | Main | 蛍 »